サイト数無制限、月額10ドルから手軽に使える定額従量制CDN、StackPathの紹介

シェアする

Webサイトを運営していて、悩むのはサーバー負荷等々いろいろあります。
もしかするとDDoS攻撃やその他のサイバー攻撃にも悩むかもしれません。

無料のCDNとして代表的なのはCloudflareでしょう。しかし、Cloudflareは数日前に大規模な障害を発生させています1)CloudflareのCDNがダウン、世界中のサイトに影響 原因はソフトウェアの動作不良 – itmedia
障害はそう頻繁に起こるわけではありませんが、1つのCDNに依存している場合、1サービスのダウンがSPoFとなり全体が停止してしまうことになります。

だからといって、AkamaiやAmazon CloudFrontを初めとする他社のCDNは高額であったり、従量制であったりすることで料金の見積もりが困難であったりして手が出ず、Cloudflareの代替に悩む人がいるかもしれません。
そのような場合、私がお勧めするのはStackPath(https://www.stackpath.com/)と呼ばれるCDNサービスです。

広告



StackPathとは?

StackPathといっても、聞いたことがない人がいるかもしれません。MaxCDNといえばわかるかと思います。
StackPathは、あのMaxCDNの後継です2)MaxCDN – StackPath。日本にもエッジロケーションが1つあります。

サービスについて

StackPathは、サービスをStackと呼ばれるパッケージとして提供しています。個人利用であれば最安のプランで十分でしょう。
例えばCDN利用のみであれば、月額1100円程度で1TB/月まで利用できます。個人であっても十分手の届く範囲な価格のCDNかと思われます。

次のようなサービス(Edge Services)が、それぞれ月額10ドルで提供されています。
最新の料金については、https://www.stackpath.com/pricing/を参照してください。

なお、いずれのプランにおいてもStackPathでは利用できるサイト数に制限はありません。制限の範囲内であれば1つの契約にいくつでもドメインを追加して利用できます。
また、1か月間の無料お試しが可能です。

他社ではサイト単位の課金であるところ、StackPathでは契約単位の課金であるため、多数のドメインを持つアフィリエイターでも無駄なく利用できる料金体系です。

以下は各サービスを単独で契約する場合(Individual Services)の料金体系です。複数利用する場合は、別の料金体系があります(後述します)。

CDN

サイト全体を保護することも、一部のアセットのみ高速化することも可能なCDNサービスです。全体を保護する場合、ネットワークレイヤーに対するDDoS攻撃対策も含まれています。
月間1TBまでの転送量が契約に含まれています。超過料金は0.04USD/GB(100TB/月まで)です。
リクエスト数による追加料金はありません。また、SSL通信(HTTPS)も無料で利用できます。

WAF

CDNと同時に契約していれば、併用して利用できるセキュリティ対策サービスです。
アプリケーションレベルでのDDoS攻撃対策も可能です。
月間1000万リクエストまでが契約に含まれています。5つまでのカスタムルールを設定することもできます。
超過料金は0.5USD/100万リクエスト、1USD/1カスタムルール/月です。
CDN同様、SSL通信は無料で利用できます。

DNS

DNSサーバーサービスです。レコード数無制限で利用できます。
月間200万クエリまでの問い合わせが契約に含まれています。超過料金は5USD/100万クエリです。

Monitoring

死活監視サービスです。5サービスまで監視可能です。超過料金は2USD/1サービス/月です。
監視結果の保存期間は30日、監視間隔は5分間です。

一括パッケージに関して

上記のサービスを複数まとめて利用する場合、Edge Delivery Bundlesを利用すると廉価に利用できる場合があります。
最安のプランであるEdge Delivery 20であれば、月額20ドルで次のものが契約に含まれています。なお、1か月間無料でお試しすることが可能です。
CDN: 1TB/月まで
WAF: 500万リクエスト/月、5カスタムルールまで
DNS: 200万クエリ/月まで
Monitoring: 1サービスのみ

WAF, Monitoringに関しては契約容量が減りますが、複数のサービスを利用する場合はこちらを利用すると料金が節約できる場合があります。

1つの契約を複数のサイトで利用できる点が強み

通常のCDNサービスの場合、有料版では料金がドメインごとに発生することが一般的です。Cloudflareも例外ではありません。
この場合、複数のドメインにCDNやWAFを導入しようとすると料金が膨れ上がります。

StackPathを利用することで、このような場合において料金の大幅な軽減を期待できます。
StackPathではドメインごとの課金ではなく、契約ごとの課金です。1つの契約にはいくつでもドメインを追加できます
例えば10個の独自ドメインを持っていて、これらをすべてCDNに乗せたい場合、月間の総転送量が1TBに収まれば月間10ドルで利用できます(CDN単体利用の場合)。

WAFのリクエスト数制限に関して

StackPathのWAFはCDNと併用することができますが、併用は必須ではありません。
CDNだけを利用することもできます。この場合、リクエスト数は無制限に利用できます。
また、WAFリクエスト数は一般的にはCDNリクエスト数を大幅に下回ります。静的コンテンツへのアクセスのような場合では、WAFを通過せず、リクエスト数には加算されません。

実際にWAFが通過するのは動的コンテンツのみであるため、リクエスト数はCDNほど膨れ上がりません。

References   [ + ]

広告



シェアする

フォローする

広告